2021/10/07

手すりがつきました

ようやく長かった緊急事態が終わりました。 
 つまんない日々、辛かったです。





まずは10月1日、図書館に行きました。 
 9/12からずーっとお休み。
 パソコンで資料の予約や検索さえもできず。 
 図書館の職員さんに「やってくれてうれしい」と感謝しました。 
 
そして、最近のお気に入り作家・西條奈加さんの本を借りてきました。
奈加さん4冊目。
 




江戸時代の離婚請け負い人。

新人お絵乃の成長と家族の物語。 
 やっぱ、西條奈加さん大好きだ。じんわり。






10/3は合唱の練習、「時代」の練習が始まりました。 
 久々に仲間たちに会えて嬉しい時間でした。






そして10/4ジムで筋トレしてきました。

筋肉痛になったけど、なんて気分爽快。





いつもの日常がこんなに楽しいことだったんだなぁ。

もうコロナが広がらないよう、予防しないとね。 

 自粛はもうたくさん。






実家のトイレと母の部屋の出入り口に手すりがつきました。
 






下の手すりは夜光ります。(蓄光) 
 介護保険1割負担で約9,000円。

 よかった、よかった。ありがとう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

お気入さん

読書をはじめると、お気に入りの作家さんって出来るね
おいらも2〜3人のお気に入りの作家さんがおり、勿体ながって読んでいます(笑)

手摺が出来てお母さんも一安心だね
若い者でも手摺って有ると便利だからね。
介護保険料で取り付けられるなんて知らなかったなー

Re: お気入さん

手すりってホントありがたいですよね。
特に階段の手すりにはお世話になっています。
母もこの手すりを気に入ってくれた様子で、「歳とったら使えるね~」と言ってました。

わたしは歴史小説が好きだったのですが、西條奈加さんを知って人情時代物を読み始めました。
オバチャンになったんですかね?

No title

さらっとさん

無事手すりついて嬉しいですね。

良かった良かった。

お母様と楽しくお過ごしくださいませ。

読書は、人生で欠かせませんね。

しまぽよより
いつも幸せをありがとうございます。

しまぽよさん

しまぽよさん

カッコイイ手すりがつきました。
母ったら「歳とったらこういうのがあるといいね」だって。
まだ歳とってないつもりのようです。

母に手がかかるようになって2か月が過ぎました。
わたしの気持ちも少し落ち着いてきたみたいです。
介護は続くよどこまでも、だけど、なるべく悔いを残さないようやっていこうと思うようになりました。

手は抜いても穏やかに。

しまぽよさん、いつも学ばせてもらっています。

No title

さらっとさん

こちらこそ、学ばせていただいてます。

もったいないお言葉ありがとうございます。
うれしいです。

親孝行の娘様がいれば、お母様も安心してますね。

寒くなったので、お体に気をつけてくださいませ。



いつもありがとうございます。