2021/11/24

母の衝動買い

今日は、母を連れて実家近くのホームセンターに行きました。

目的はお正月用の寄せ植えを作るため。

何か母に楽しみを…と思い「花を育てること」にしました。

今時期、ホームセンターのガーデン売り場にはパンジーやビオラ・シクラメン・ポインセチアなどいっぱいあります。

今日は、ハボタンとビオラとガーデンシクラメンを買う予定。

カートを押した母と売り場をぐるぐる。

「あ~あきれいだねぇ」「みかんが成ってるね」
ちょっとしたレジャーです。


「あらーかわいい!」と行って母が手に取ったのはコチラ


多肉ちゃんです。
アタマのピンクが気に入ったようです。
赤やオレンジ・黄色もあって「どれがいいかなー」と言って選んだのがピンク。

茶の間のテレビの横に置きました。

そしてわたしの操り人形となって作った寄せ植えはコチラ。
当初の予定と違ったけれど、母が選んだのでこれでいいです。

「乾いたら水やりしてね」と指令を出し、母は植物係となりました。


スポンサーサイト



2021/11/23

慶喜公のお墓

穏やかな祝日、久々に電車でGO❗️ 
東京に行ってきました。



昨日は徳川慶喜さまのご命日。
 親戚でもないけど、お墓参りに行きました。
 


慶喜さまの水戸のご実家は神道だそう。 
だから慶喜さまのお墓にはお榊が供えられています。



隣には正室の美賀君のお墓、後ろには側室のお墓があります。



寛永寺の墓地なのに神道のお墓。
間を取り持ってくれたのは、渋沢栄一だそうです。
 

ちなみに渋沢栄一のお墓は、隣の谷中霊園にあります。
 


大根がお供えしてある。



こちらは最初の奥様、千代さんのお墓。
 この前の大河ドラマで亡くなりましたね。
泣いたっす。
 


旧姓の尾高が刻まれています。



二番目の奥さんのお墓もありました。



上野まで歩いて大道芸を見て帰りました。 

東京はおもしろいなぁ。
2021/11/21

煉瓦窯の紅葉

新聞の地方版に「ホフマン館の紅葉が見頃」とあったので行ってきました。

ここは、栃木県野木町にあるレンガ窯のあと。
明治の近代化に貢献したレンガ工場の跡です。




こちらの紅葉は、メタセコイア。樹形がきれいです。



今日も秋探しができました。



**介護小噺**
母には申し訳ないんだけど、2日間ご機嫌伺を休ませてもらいました。
ずーっと母のことが頭から離れなくて、動きっぱなし、夜は不眠、
も―疲れちゃった

だけど2日休ませてもらったら、気分一新。やっとリラックス出来ました。
また明日、たっぷりと母の世話をしましょう。


先日、娘が仕事の話をしたとき「理論と実践」という言葉を言いました。
そういうのが必要なんだって。

ほー。かあちゃんは長い人生の中でそんな言葉使ったことないなあ。


てか、かあちゃんには理論ってもんがないんだ。

てなわけで、リクツを知ろうと勉強を始めました。
認知症の人に安心してもらえるコミュニケーション。


勉強になります。
2021/11/20

藩校サミットを見てきました

栃木県壬生町で第18回全国藩校サミットが行われました。 


江戸時代が大好きなわたし。行ってきました!


江戸時代、武士の子が儒教や武術などを勉強した藩校。 

壬生藩の藩校は県内でも一番早くできたそうです。

  
門をくぐって壬生城址公園に入っていきます。




開会に先駆けて鉄砲隊による祝砲が上げられました。

  
カッコイイ~






大きな音と煙に驚きました。




ホールではお能を観ました。
ちょっと難しかった。





サミットには全国各地から藩主の御当主がいらっしゃっていました。


世が世なら上様やお殿様の方々。




お名前は、徳川さんや上杉さん・細川さんや南部さんなど、大河ドラマに出てくるようなお名前の方々でした。


 




家が何百年も続いて、御当主が10代も20代交代しているなんて凄いなぁと思いました。

2021/11/19

新しいケアマネ

母の介護保険の更新があり、要介護2から要介護1になりました。 
そして、ケアマネジャーが交代になりました。



 前のケアマネは物事をはっきり言うタイプ。

わたしたち親子の希望というより、ケアマネ主導といった感じでした。 

わたしたち親子は初めての介護保険利用だったので、ケアマネについていく、、、みたいな。

あまり希望を言わないでいました。 




今度のケアマネは穏やかそうな雰囲気。 

なので、わたしは以前から温めていた希望を言ってみた。 




「ヘルパーさんにデイケアの送り出しをしてほしい。
そうすることで見守りの時間を増やしたい。
だけど、母は他人を家に入れることには抵抗がある」




そうしたらケアマネは 


「まずはヘルパーさんに買い物の付き添いから始めてはどうか。
それに慣れたら入浴や身の回りの事もお願いできるのでは?」


との提案がありました。




そうかあ!そんなやり方があったのか。 




わたしは強力な味方がついてくれたような気がして、ホッとしたというか手伝ってくれる人がいるというか、ウルっとしてしまいました。




仕事って、こんなふうにしたいよね。 



今は無職だけど、またいつか働く時が来たら、お客さんに安心してもらえる仕事がしたいと思いました。




母がヘルパーさんを受け入れてくれるか心配もあるけれど、うまくいってほしいな。 








今日は母が摘んだ庭の菊を携えて、父のお墓参りに行きました。



夜には月食がよく見えました。ほぼ月が隠れていましたよ。




母は月食やってるなんて知らないだろうな。